決算日の調べ方

決算日が分からないという方は、まずは決算日を調べることから始めましょう!

 

決算日は定款を見れば必ず分かる!

決算日は会社設立時に作成している、定款(ていかん)と呼ばれる書類に書かれています。

定款とは、会社の約束事を定めた書類で、会社の憲法などと言われることもあるものです。
会社設立時はこれを作成していなければ設立ができないようになっています

定款の中に、「事業年度」についての記載がありますが、そこにある、「当会社の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日とする」というような文章をご確認ください。

 

定款の保管場所が分からない!?

会社設立時に司法書士さんや行政書士さんに書類を渡されたけれど、よくわからないのでそのままにしておいたら紛失してしまった等、定款そのものが見つからないという自体もありえます。

会社を設立した直後の書類の中に埋もれていることが考えられますので、まずは、会社関連の書類の中を探しみてください。

「○○司法書士事務所」「○○行政書士事務所」と書かれた封筒があれば、その中に入っている可能性が高いと思われます。

 

定款が見つからないときは・・・

どうしても定款が見つからない・・・という場合には、税務署・府税事務所等に提出している開業届を見てみると、事業年度がわかります。

定款を紛失してしまった・・・という方は必ず再度定款を作成してください
定款は会社を運営していく上で、欠かせない必要な書類です。

>>「決算・法人税申告サポート」はコチラ


起業家のための無料相談実施中! 質問・見積り無料です 0120-968-617 受付時間8:30~17:30 土日祝対応※要予約 岡山・倉敷の会社設立・資金調達・決算申告はお任せください! メールでのお問い合わせ
上部へ戻る